TOP

 

 

自分らしく生きれていますか?

自分らしくいられない。自分らしくって何?こんな問いが今湧き上がっていませんか?昭和・平成・令和という時代の変化の中、私達は激動の時代を生きていると言われます。時代によって価値観も違うので時代が変わる事に生き方もシフトしていく柔軟さがなければ個人はギャップに苦しくなっていきます。昭和は先祖や家系や親に絶対服従の時代から平成はみんな同じが主流で人との違いは隠したり恥なのに優越感や劣等感で価値が判断される様な表と裏の心に踊らされるそんな時代。そして令和になり社会の膿や嘘が次々と炙りだされ個人が活かされる本物・本質が残る時代へと突入しました。社会で起こっている事と同じ様に自分の中の嘘や膿が炙りだされ、自分の本質以外で生きるのはこれからはとても苦しくなるのではないかと思います



インスタントな方法で解決はしない

自分の中の嘘や膿というのは自分が我慢してきた事や本当は感じていた感覚や感情をかき消し封印してきた自分の過去・人生・生き方です。本当の自分でいられないという行き詰まり感や生きづらさというのは実は自分の親子関係・家族関係からきている事が多く、近すぎて疑う事もせずわかりません。育った価値観や環境が人の心と脳と身体をつくりあげていく訳ですがここに機能不全家族・親子共依存という家族のシステムが大きく影響しています。家族・愛情・血縁という名のもと身近な人に必要とされる事で自分の存在価値を見出し、自分を犠牲にして人の為に生きるという時代の美徳と、愛情という名で脳は洗脳され心は縛られるという支配・依存という苦しいのに離れられないという苦しみを生み出しました。愛情という名の家族のシステムや構造で自分ががんじがらめでありながらそこから抜けられないというループがあらゆる問題や悲劇を引き起こし発展していきます。



抜本的に本質的に自分の土台

機能不全家族・共依存という背景には原因があります。それは家族の立ち位置がぐっちゃになって夫婦の問題を子どもが埋めているという立ち位置の混乱・役割から始まります。生きるという事は自分が自分が成長していくという責任があります。自分の持つ責任の場所が本人以外の人へ背負わされていたり放棄された瞬間に家族というシステムは歪んでいきます。母親を支えるのは母親自身でり、サポートするのは父親の役割ですが夫婦で向き合わない為に父親の代わりに子どもが引き受ける。母親の悲しみや孤独感を癒す役割・道具に子どもがなっている。父親の夢や願望を叶えるのは父親自身ですがそれを父親の代わりに子どもが自分の人生を殺して父親の夢を叶える人生を生きる。自分の立ち位置で生きられず親と子の立ち位置が逆転していたり親の分身かの様に錯覚したり、精神的に自立しない自己成長しない親を自分が犠牲になってお世話をする、埋めるという関係性を今度は友達と、パートナーと、会社の上司と部下とあらゆる人間関係で同じ事をしていく様になります

負の連鎖は自分で止める

家族の相手にしてきた事と同じ様に、他人の感情のはけ口やゴミ箱役を自らかってでて、暴力までもうけ入れる。NOと言えない。自分の心を置き去りに周りの為にいい人、できる人を演じ続ける。自分のやりたい事を我慢して誰かの望む理想の自分になる為に頑張る。そして自分も今度は子どもを育てる立場になっ時、自分ががんじがらめだった立場から、今度は自分が子どもをがんじがらめにしていく様になります。ならないと気が済まない、苦しいという負の連鎖がループしていきます。こうやって共依存という家族のシステムは家族という場で起こり共有し家系・世代を超えて良いものだけでなく、苦しい価値観や感覚まで引き継がれていきます。この自分の中の共依存の部分というのが人の悩みの根本に実はありそして例外なくその背景には家族のシステムが広がっているんです。でも今を生きる私たちにとって必要のない連鎖や自分の足枷になって自分を止めているものは自分で終わらせる事ができます


解決する為に個人セッションがあります

この機能不全家族・共依存から生まれ出た生きづらさや悩みを、私たちはリトリーブサイコセピーという心理療法を使って紐解き、改善・解決していきます。個人セッションでは、本当はどうしたかったのか、誰の感覚や感情を飲み込んで自分のものと錯覚していたのか、親と同じ生き方(人生脚本)で苦しんでいるのかを整理し、自分のものと親のものを分け、自分が我慢する事でいったい何を守ってきたのか?何を得てきたのか?という二時利得というものに着目し人生の選びなおしをしていきます。個人セッションは親を否定するものではありません。親に復讐するものでもありません。自分の中の押し殺した感覚や感情、凍結したまま保存した過去のものをひとつひとつ終わらせていくものです。人生に対する漠然とした生きづらさは自分の中の過去の凍結させた不安や恐怖です。ひとつひとつ終わらせてあげる事で新しく始める事が出来ます。自分の中のネガティブな感情を避けるのではなく、自分の一部として向き合い統合していく事で人生は大きく変わり自由になっていきます。自分の人生はいつだって自分で選びなおしができる。自分の人生を豊かに充実させる為に自分が自分に責任を持ち自立・自己成長していく事が自分の能力を最大限に開花する事につながり、周りも幸せになっていくと私は思います。そして個人が幸せに輝く日本の社会に貢献する事を目指します