心理 共依存 愛着 虐待 トラウマ ネグレクト

脅しは脳をロックする

いきなりですが

多くの人は日常で実に多くの「脅し」
の中で生きています

当たり前すぎて、
全く気がつかない事が多いんですが

これが訳の分からない生きずらさ
になっている事が多いのです

みなさんこんにちは
京都・大阪
リトリーブサイコセラピー
セラピスト@奏古です


日常で、相手にも自分にも
こんな事ってありませんか?


・分からない、が口癖
・困った時によくフリーズする
・話ている時に固まる
・思考停止がよく起きる


例えば相手と会話をしている時
例えば子どもに注意している時
例えば会社で指導が入る時
例えば自分で答えを出す場面
例えば何か先延ばしにしてる時

こんな時は思考停止が起こっている
可能性が高いのです

脅しで自分の言う事を聞かせる

さて思考停止が起こる一番根本的な
原因というのは 「恐い」と感じた時です

もともと人間の心や脳は柔らかいのですが
恐いと感じた時、心は震え脳は固まります

脳が固まるというのはすなわち
機能が停止するという事

そうなんです。

脳の機能が止まる フリーズする、
思考停止が起きる という事なんです

多くの人は心も脳のまだ柔らかい
6~7歳くらいまでの対人関係で
これを体験します

残念ながらこの頃に浴びた言葉や
関わり方というのは一生付き纏うのです

それは脅しと引き換えに
関係性や物事が運ぶ事が
スタンダードになっている時

脅している側はいう事を聞かすため
脅されている側は自分を守ため

そんな関係性が綺麗に成り立って
支配関係ができてしまうのです

脅しで価値観を植え付ける

最も深刻な持ち出しは衣食住と
劣等感や優越感植え付けです

〇〇しなかったこの場にいられないよ
〇〇しなかったら食べるものないよ
〇〇しなかったら殺されるよ
〇〇しなかったらダメな人間だよ
〇〇しなかったら立場失うよ

この〇〇、実は 事実ではない事だらけで
〇〇はあやふやで 〇〇に入る言葉というのは

脅す側の「いう事を聞かないと」
なんですね

これはランダムでその時々で 一貫性の
ルールはなくその場その場なのです

聞いている側は理解できない事の方が
多く(特に子ども時代は)

声が発せられている時点で
思考停止が起こってしまい
脅しの怖い事が起きないように
その場を過ごす以外余裕はなくなります

脅しで大人になるとどうなるか

いつも脅しと引き換えに相手のいう事を
飲み込み続ける事がスタンダードになると
大人になってからこんな状態になります

・いつも人の顔色を伺う
・自分の意見が持てず自己表現できない
・自分の頭で考えられず他者と同じ事
 しか言えない、できない
・お手本になる人がいないと生きていけない
・仕事はマニュアルがないとでず臨機応変
 ができない
・人間関係の構築も脅すか脅されるかの
 二曲思考
・自分の意見を求められると思考停止
・都合の悪い時はフリーズしてしまう

このように生きずらさ満載なんですね
そしてこの思考停止が生み出す
生きずらさの本当の問題というのは

自分で自分の自己成長を ふんだんに
自分が止めてしまう事

教えてくれる人、与えてくれる人が
いないと生きていけない事

ずーっと支配の中にいないと
生きていけないという人生になって
しまうんですね

支配を受け入れるというのは

自分の心の感情や感覚と
脳を止めて思考停止しないと

支配を受け入れる事なんか
到底できない

自分で支配から出たら

自分の感情や感覚を感じるし
脳は自分で動かさなきゃいけないし

考えて選んで責任持って
すごく人生が忙しくなってしまう

だから支配の中にいるって
実はとっても楽ちんで他人軸で
低め安定の人生を手に入れる事は
可能なのです

だけど心は不全感や空虚感
不足感でいっぱい

当然です。

自分の生きる力を
自分で感じた事がないから。。

先ほども書きましたが
自分の機能を稼働させるというのは
忙しくなります

本来ならこの忙しさを充実とか
豊さと表現しますが

支配の中にいる人にとっては
その喜びや楽しさと無縁になって
しまうんです  

脅しは立派な虐待です

以上の事から本日のまとめ

まとめ
・脅しで衣食住を取り引きするのは虐待です
・恐怖で心と脳は機能を停止する
・思考停止はいずれ中毒症状になる
・自分で考えない大人はズルくなっていく


人は本来生きる力があります
だけど脅しや恐怖で衣食住を
取り引きされるというのは
その人の人生の首根っこを

ガッツリ支配されている
ガッツリ支配させている
という事です

これってね、人生を蝕んでいくんです

思考停止がスタンダードになった人は
思考停止で得ているものが
どんどん 増えていきます

自分の人生、本当にこれでいいのか?
という自分自身の葛藤さえ遠のきます

昭和の時代の子育てや教育というのは
思考停止しなければ生き抜けないような
時代背景がスタンダードでしたが

今、昭和は終わり平成も終わり
令和です

ここらへんでそろそろ
自分の洗脳や催眠という支配から
自分が抜けていきましょうね
それではまた!

解決へのステップアップメルマガ
ではより詳しく 書いていきます
バックナンバーもこちらからご覧いただけます


それではまた!

セッション再開しています!
個人セッション&電話カウンセリング
詳細とお問い合わせはこちらから
↓     ↓                                  ↓     ↓



一般財団法人
日本リトリーブサイコセラピー協会



ツイッターで心理の事を 呟いています
良かったらフォローしてくださいね

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5a6b8bd7e0a6b64419459ff5b622659d-300x82.png です



フェイスブックページでも
最新の予定 や ブログを更新しています

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は dece348fa8cf17d73d53297d2ba424db-300x82.png です

 

 

-心理, 共依存, 愛着, 虐待, トラウマ, ネグレクト
-, , ,

Copyright© 虐待とトラウマの解決 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.