心理 共依存

父親からのモラハラ

父親からのモラハラ

自分の父親が モラハラで
威圧的で怖い 嫌悪感でいっぱい

できる事なら 逃げたいのに
逃げられない

解決策や方法がない
と悩んでいる人へ

この記事では
身近な人からのパワハラや
モラハラの解決策を書いています

夫や配偶者のモラハラに悩んでいる
という人へも該当記事となっています

私自身も過去に
この方法で 解決してきた事例です

ぜひ最後まで
お付き合いくださいね

皆さんこんにちは
京都・大阪
リトリーブサイコセラピー
セラピスト@奏古です

自分の父親がモラハラで
威圧的で怖い。嫌い。

できる事なら逃げたいのに
逃げられない
そんな悩みはありませんか?  

 

 

 

 



 モラハラは脳の支配 

 






 代表的なモラハラでいうと
・大声で怒鳴る
・暴言を吐く
・威圧的な無視や睨み付け
・馬鹿にしたり相手を認めない
・自分の間違いを認めない
・悪態や悪口を垂れ流し
 吹き込み洗脳していく

これが家庭内で
起こっている わけですよね

嫌だと思いながら
どうしようもない

これ以上ひどくならないように
父親や夫の天下状態 こ

の家族の構図というのは
昭和の親父と言われれば
すぐ想像がつくほど多い状態です

この悩みについて考えた時
おそらくすぐに出てくるのは
反抗するともっと嫌なことが起こる

反抗した所で 父のお金で
生活しているし進学もある

または夫の収入で生活できているから
どうしようもない
そんなことが浮かんできませんか?

結局ものが言えない状態
お金や衣食住を父や夫に
握らせているという所から 動けない

そこから先の 解決策がないという人が
多いのではないでしょうか

実はこの行為そのものが貴方の
中毒性を持った依存の感覚なのです

恐怖や依存のよって貴方の脳が
思考停止している状態です

この問題というのは 脳を動かすと
こんな本質が見えてきます

なぜ母親は黙っているのか
なぜ母親は子供を守ろうとしないのか
なぜ母親は父親と向き合わないのか
なぜ母親は家族の問題を放置しているのか
なぜ子供が親を慰めているのか

この問題が見えてくると
母親が自分自身を守るために
自分自身が傷つかないように
解決に向かわない姿が見えてきます

親が親としての責任を持たず
夫婦としての責任を持たず
子供に垂れ流している事が
ありありと見えてくるのです

それを知った時
なんで自分を守ってくれないの?
なんで子供を優先してくれないの?
疑問と絶望が入り混じり
奈落の底の落ちる様な感覚 になっていきます

この感情や感覚を
感じてしまうのが怖くて嫌で
人は自分で脳を止めることが
可能になっていくのです    

自己重要感が叩き潰されている

脳が止まるというのは
幼い頃から積み上げられた
こんな体験で 脳が止まっていきます

・自分の考えを押さえつけられる
 支配的な親だった
・親の望むことができたら
 認められた褒められた
・何をしても褒められたことも
 喜ばれたこともない
・虐待や否定、無視無関心  
・お前は馬鹿だと言われ続けた
・失敗したら言うこと聞かないからだ!
 ざまぁみろと!攻撃された
・どうせできないと親が過干渉に
 先回りをして主体性を奪われた

このような関わりというのは
子供の心に

自分は価値がない人間だ
自分はしょうもない
というメッセージが

ドバドバとドバドバと入り
自分で自分の気持ちを大切にできず

周りにぞんざいに扱われても
文句すら言えず抵抗できず

まるで自分をゴミ箱の様に
なんでもかんでも
相手の受け皿 に
自分がなっていくのです

自分が自分自身をぞんざいに扱う
ようになります

父親からのモラハラ
または夫からのモラハラも
自分に起こっている思考停止は
幼い頃から蓄積され続けているのです    

モラハラとゴミ箱人生

この感覚というのは
相手からの苦痛や不快を
自分が飲み込むことで

自分の衣食住があり
居場所があり
存在価値があり
関わりがあり

そうすることで
自分は生きることが可能
という感覚が心と脳と体に
こびりつくのです

このこびりついた感覚は
その人の生き方となり
支配を受け入れていたら
生きていけるという

ゴミ箱役の人生として継続され
社会でも友人ともコミュニティーでも

人間関係が親子関係の焼き直し
となっていきます

厄介なのは支配してくれて
自分がゴミ箱役を出来るような相手を

自分が無意識に見つけて
自分から選びに行ってしまう所です

これが潜在意識の自動操縦
と言われる怖いところです

そして自分が生き延びるために
この関係性を使って相手を
モラハラを続ける状態に
依存させていくのです

貴方も解決に向かわせない
という共依存が引き起こる と
問題は悪化していくのです  

支配から抜けて心と脳を動かそう

なので心理セラピーというのは
無意識の部分の潜在意識で
何が起こっているのかを整理し

潜在意識の中で解決していく
という事をしていきます

潜在意識という無意識は
人間の心と脳を握っています

ここが恐怖や間違った価値観で
いっぱいになっているのです

そしてこの全てを握っている
潜在意識を唯一動かせるのが
今の認識できる顕在意識です

無意識の潜在意識は
意識できる顕在意識で
捉える 事が出来るのです

それに必要なのが
思考停止 からの脱却 という視点

あなたが今の自分を知って
自分を捕まえた時
解決の道は開けます

無意識で起こっている
心理的支配から分離した時

相手は相手の問題
自分は自分の問題
と分けることができます

あなたが自分の問題を
解決する という事は

脳内で起こっている
心理的支配から抜け出すという事

どんな相手でもどんなひどい問題でも
あなたの脳内で起こっている問題や悩みは

相手には解決する事はできません
あなたの中で起こっている事は
あなたにしか解決できないのです

自動操縦されている貴方の人生
自分の操縦に戻しませんか?

それではまた!

  参考文献
脳を止めて思考停止が起こる訳
https://youtu.be/vq6MGFvNepM


5月に延期
大阪 リトリーブサイコセラピー 基礎講座



セラピスト@カナコ 個人セッション

誰にも言えないお悩みや
誰にも言いたくない事なんかも
深夜にここで語りあおうじゃない
個人セッション割引特典あり
の 無料メルマガ!!
ぜひご登録 お待ちしております!!
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ebbb9cd82eb8f08d15e7c6eb67b6c3fe-300x207.png です

ツイッターで心理の事を 呟いています
良かったらフォローしてくださいね

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5a6b8bd7e0a6b64419459ff5b622659d-300x82.png です

フェイスブックページでも
最新の予定 や ブログを更新しています

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は dece348fa8cf17d73d53297d2ba424db-300x82.png です

リトリーブサイコセラピー 全国のセラピスト

リトリーブサイコセラピー 電話カウンセリング

-心理, 共依存
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 虐待とトラウマの解決 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.